❋ さまざまな器具

様々な種類がある矯正

最近では様々な患者さんに対応できるようにいろいろな矯正装置があります。代表的なのが6タイプの矯正装置に分かれます。まず一つ目は、金属ブラケットです。一般的な昔からある金属製の装置です。様々な方に対応しています。二つ目は審美ブラケットで白や透明の目立たない装置で金属アレルギーの方におすすめですが少し費用はお高めです。三つ目はセルフライゲーションブラケットで、ワイヤーとブラケットの摩擦力を軽減させたもので痛みが少ない装置です。四つ目は裏側矯正で、歯の裏側につけるので気付かれにくいのが特徴ですが若干コストがかかります。五つ目はハーフリンガル矯正で上顎の歯は裏側に、下顎の歯に表側に装置しするので発音の邪魔になりません。最後にマウスピース矯正で、金属を使わずに透明なマウスピースを用いて自分で取り外しもできます。

綺麗な歯を望む方の増加

最近では医学の進歩により様々なニーズに対応できるようになり綺麗な歯にしたいと思う方が増えています。以前より治療期間の短縮により治療費の軽減も可能になりつつあります。そして矯正を望む方の代表的な症状を紹介します。例えば不正咬合の方で、もともと歯並びや噛み合わせ悪く歯垢がたまりやすく虫歯や歯肉炎や歯周病になりやすい人です。他に上顎の過成長や下顎の成長不足や指しゃぶりなどの口腔習癖が主な原因で、出っ歯と言われる上顎前突の方や叢生といわれる前歯のデコボコによって歯ブラシが届きにくい状態の歯や他の歯と重なって生える八重歯の方にも矯正を行っています。他にも歯ぎしりが原因とされる顎関節症にも対応しています。