❋ 自宅でケアしよう

口腔内の病気になってしまうと、治療のための時間もお金もかかってしまいます。
また、口腔内になんらかの症状があれば食事を楽しむことは出来ません。食事は生活をする上で1つの楽しみでもありますので、健康的な口腔内を保つ必要があります。
歯になんらかの異常を感じた場合には、歯科を利用することとなります。
どのような病気なのかわからないという場合には、口腔内全般の治療を行なっている一般歯科を利用しましょう。そして、専門的な治療が必要となる場合には、専門の歯科を紹介してもらいます。
病気にならないように日頃から手入れをする場合、どのようなことをすればよいのでしょうか?

自宅でのケアでは「歯磨き」が大切です。
歯磨きをすることで、歯を歯の隙間に詰まっている食べかすを取り除くことが出来ますし、歯の表面に付着している歯垢を落とすことが出来ます。
虫歯や歯周病というのは、こうした食べかすや歯垢が原因となっていますので、健康的な状態を目指すのであれば歯磨きは欠かせません。
ただ、歯磨きをする場合には正しい磨き方があるので知っておきましょう。
まず、歯磨きをするタイミングですが、出来るだけ食後30分以内に行なうようにしましょう。そして、1本1本意識しながら磨きます。1本の歯を縦・横・まわすように…というように色々な方向から磨くことで磨き残しが少なくなります。
また、仕上げに歯間ブラシやデンタルフロスを使用すると、より一層美しい状態になります。
自宅ケアだけではなく、歯科で定期健診を受けると完璧です。